【海外で資格】TECSOL&J-SHINEコース【帰国後の就職に有利】【子どもが好きな方に】

November 8, 2017

こんにちは、ラ・リングアです。

「子供が大好き」「海外経験を活かした資格を取りたい」「自信を持って”海外で学んできた”と言える自分になりたい」「教えることが好き」「保育士や教員の経験がある、資格を持っている」そんなあなたにピッタリなコースTECSOL&J-SHINEコースの紹介をしたいと思います。

 

 

TECSOL&J-SHINEってどんな資格?

TECSOL

 Teaching English to Child Speakers of Other Languagesの略。3歳から12歳未満の英語を母国語としない子供に英語を教えるためのスキルを身につけるコース。日本だけでなく世界中で使える児童英語教師資格。

 

J-SHINE

 日本のNPOの小学校英語指導者認定協議会が認定してる児童英語教師の資格。

 TECSOLと同様3歳から12歳未満の子供に対して英語を教える力をつけるコースだが特に小学校での指導方法を学ぶので日本に帰国してからの就職先の幅を広げるためにオススメの資格。

ラ・リングアのTECSOL&J-SHINEコースの特徴

TECSOLがベース

 ラ・リングアのTECSOL&J-SHINEコースでは、資格だけ持っている教師ではなく、日本の公立小学校でもすぐに即戦力となれる教師を育成します。

 TECSOLコースがベースとなっているので、英語で学ぶため英語力自体向上し自信がつきます。児童英語教師として堂々と子供に教えられるようになります。

 

1コース1グループ

 通常は毎週、新しい人がクラス入ってきたり卒業したりするのですがラ・リングアのTECSOL&J-SHINEコースでは最初から最後まで同じメンバーで修了します。

 TECSOL&J-SHINEコースは決して楽なコースではありませんので、生徒一人一人の学習のばらつきがどうしても出てしまい毎週人が入れ替わるコースだとそれに対応しきれません。その結果授業の質が下がってしまいます。

 1コース1グループにすることによってそのばらつきにもフレキシブルに対応することができ、授業の質とともに一人一人のモチベーションも上がります。

コースの流れ

 ラ・リングアのTECSOL&J-SHINEコースは、初めにTECSOLを5週間、次にJ-SHINEを1週間、最後に実習を2週間行う合計8週間のコースです。

共通カリキュラムTECSOLコース 5週間

 TECSOLコースでは、クラスルームマネージメント、クラスルームイングリッシュ、Teacher Talk、子どもの認知、児童心理学や情緒発達に即した指導法を学びます。

 さらに、教材の種類や選び方、カリキュラム、レッスン案の立て方、発音、歌、絵本指導、読み聞かせ、文字、音と文字の関連指導、会話指導、ゲームなどの具体的な指導技術を習得し、実践していきます。受講生同士が教師と生徒の役を演じ、教師としての技術を磨きながらも、学ぶ側の立場を体験することで、さまざまな「気付き」や「発見」をしていきます。

 

フォニックスの指導

 英語の発音とつづり字の関係、そのルール、決まりを知ることで、英語の文字が読めるようになります。

 教師がしっかりと音を把握していることが重要です。受講生は、ネイティブ教師により、徹底的にフォニックスを体得していきます。

 

絵本を活用した指導

 子どもは、絵本が大好きだからすぐに飛びついてきます。受講生は、絵本の読み聞かせや、その前後の活動を通して、どのように子どもたちに英語の自然なリズムや新しい単語や表現を教えていくかを学びます。代表的な絵本に慣れ親しんでいきます。

 

チャンツを活用した指導

 自然な話し言葉をかたまりとして、リズムにのせて覚えていくことで、正確な発音、リズム、イントネーション、ストレスなどを体得しながら、表現や語彙を増やしていきます。楽しくユーモアのある活動ができるような指導法を学びます。

 

ゲームを活用した指導

 遊んでいるうちに、知らぬ間に英語を話していたという雰囲気づくりが大切です。受講生は、子どもたちの年齢や発達に見合ったゲーム、子どもたちの身近にあるものを使うゲームを体得し、ゲームを進めるために必要な英語を使えるようになります。

 

歌を活用した指導

 イギリスやアメリカの子どもたちの間で古くから伝承されてきた童謡などを振り付けなども交えながら覚えていきます。

 外国の歌を歌うことは、子どもたちの異文化体験にもつながっていきます。替え歌、音消し、歌あて、歌のリレー、輪唱などの指導法を学びます。

 

会話指導

 意味のある英語のコミュニケーションを行うため、場面や状況などを設定し、その場面でのコミュニケーションを練習していくための指導法を学びます。インフォメーションギャップ、ロールプレイ、タスク活動、プロジェクトワークなどのコミュニカティブアプローチを習得します。

 
 TRP トータル・フィジカル・リスポンス

心理学者 James J. Asherが提唱した方法で、右脳を中心に使った活動で、身ぶり手振りで言葉を覚えていきます。英語の塊を聞いて、理解して、体全体で反応する教授法を学びます。

 
Teacher Talk

 教師が授業中に子どもに話しかけるコントロールされた話しかけのことです。声の抑揚を大きく、ゆっくり、はっきりと話し、ジェスチャー、顔の表情を豊かに話せるように指導します。

 

 

J-SHINE特別講座 1週間

 小学校英語指導者資格特別講座では、上記のTECSOLコースでの受講内容をさらに、日本の公立小学校での英語活動指導に応用していきます。

 小学校英語活動の目的と意義、日本の公立小学校の英語学習の現状や課題、国際理解教育としての英語活動の具体的な実例を見ていきます。

 また、平成23年度から小学校5年生から必修化され、平成32年度からは教科化される小学校外国語活動の動きから、これからの小学校英語の目的や意義を考察していきます。

 

実習 2週間

 シドニー現地のチャイルドケアセンターや幼稚園にて合計50時間の実習を履修することができます。また、準資格として申請を希望する方にも、日本帰国後、提携児童英語教室や公立小学校にて、見学やボランティア実習を行うための手順を指導します。

学生ビザでの受講も可能

 観光ビザ、ワーキングホリデービザ、その他ビザでの受講が可能です。

基本情報

入学基準:中級 Intermediate

料金  :20万前後
レートにより変動もあるのであくまでも目安です。
月によって特別価格が出てる場合もございますのでお問い合わせください。

入学日 :2018年

1月22日 *残り数席
4月16日
7月9日
8月20日
10月2日

お問い合わせはご利用中のエージェントまたは

tomoko@lalingua.comまでお気軽にどうぞ

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

​カテゴリー

​タグ

Please reload

  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

関連記事

Please reload

Follow Us

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon

La Lingua ​ラ・リングア

Course コース

ラ・リングア "英語が話せる"ようになるシドニーの語学学校 La Lingua Language School

La Lingua Language School

Speak College Pty. Ltd (ABN : 49 003 863 296)

ACN : 003 863 296 CRICOS Provider Code : 02117D

Level 7, 301 Castlereagh St, Haymarket 2000 NSW Australia

2017 (c) La Lingua Language School